最新情報一覧タイトル画像

結城市の学習塾 開倫塾結城校

住所
茨城県結城市結城13651
TEL
0296-32-9941
校長
川端康祐

塾生のみなさんへ

 

ジェダイを目指す塾生の皆さんこんにちは。

さて、皆さんご存じのように、現在の日本の教育の柱は「考える力」ですね。

では、この考える力とは一体何でしょうか。少し詳しく考えてみましょう。

マスターが考える「考える力」とは・・・

 

①正確な情報に触れる(自ら収集,勉強しましょう)
②それを基に分析する(客観的に。複数の意見も参考にしましょう)
③最後に判断し実行する。(最後は自分で決めましょう)

 

情報収集→分析→判断→行動、この一連のプロセスを総合したものが「考える力」なのだと思います。

そしてこれは、皆さんのこれからの人生において、常に必要となる力です。

ですから、文部科学省では、これを「生きるための力」と位置づけていますね。

いろんな情報を鵜呑みにするのではなく、自ら調べ、自ら考え判断する癖をつけていきましょう。

思考停止してはいけません。

 

ところで、この2年近くに及ぶ度重なる休校や部活停止、行事や大会の中止、

行動制限など、随分モヤモヤも溜っているのではないでしょうか。

行動制限中とはいえ、少し外で運動したり、適度に日光を浴びたりして、健康的な生活を心がけましょう。

ストレスを感じたり、1日中閉じこもっているのも体の免疫機能が弱まるのでよくありません。

また、ビタミンCやDや亜鉛など不足しがちな栄養を意識して摂取しましょう。

同時に、手指消毒(特に指先)、うがい、トイレはフタして流す、社会的距離など基本的な予防も徹底して実践していきましょう。大切なのは徹底して行うことです。

 

幸い結城校では、塾生、職員含めて、今までに陽性となった人は一人もいません。

これからも細心の注意をはらって凌いでいきましょう。

 

ただし、およそ2週間に一度のペースで変異するRNAウィルスによって引き起こされる、いわゆる風邪と呼ばれる感染症を、

現段階で人類は完全に防ぐ手段を確立できていません。一つの型でもその変位は数千~数万種にも及ぶからです。

この感染症の基本をふまえた上で、一番大事なことは何か。

それは自分の体を健康に保つことです。結局は自分の免疫機能でウィルスに立ち向かうしかないのです。

それを前もってワクチンで人工的につけておくのか、

もともと備わっているヒト本来の力で迎え撃つのかの選択は、個人の自由意志です。

 

ところで、どんな薬もワクチンも、受ける側の体が弱っていたり、体質に合わなかったりすると逆効果の面もあります。

過去には、短期的には安全だったものの、後々害があることがわかり大きな社会問題となった薬害事例も複数あります。

今回のmRNAワクチンは、20年以上実験研究されてきましたが、ヒトへの実用化は今回が初めてとなるものです。
製薬会社によると、現在は臨床試験の第4フェーズの最中であり、その終了予定は2023年5月です。

また第3フェーズまでの臨床実験は18歳以上の人でしか行っていません。

子供への接種はいろいろ不明な部分も多いということで、専門家でも意見が分かれていますね。

 

例えば、英国の専門家による政府諮問機関JCIVは、9/3に12~15歳への接種は、利益が少なすぎるとして推奨しないことを発表しました。英国政府はまだ判断を示していません。

また日本でも小児科医会が、6月に12~15歳への接種は慎重にという提言を出しています。

 

一方、9月7日時点で20歳未満での重症例、死亡例は1例です。非常に残念ですが、基礎疾患と複数の危険要因をもっていた方だとの発表がありました。

 

いろいろな公的データや論文なども探せばすぐに見られる時代です。
学校や部活が短縮されている今、時間は十分あると思います。
自分でも調べてみてはいかがでしょうか。

 

考える力をはたらかせるのは今です。

10代の皆さんにとって、注射をうつことのリスクとべネフィットを
慎重に検討しながら、家族ともよく話し合ってみてください。

 

憲法17条、公共の福祉に反しない限り,思想,良心の自由を制限されることはありません。
また同じく憲法13条、生命,幸福追求の権利が保障されています。

 

厚生労働省HP
https://covid19.mhlw.go.jp/

小児科医会メッセージ
https://www.jpa-web.org/dcms_media/other/Recommendation.21-06-16.pdf

大阪市立大学医学部名誉教授 井上康正先生講話動画。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39276756

 

こどもコロナプラットフォーム

 

 ★新型コロナウイルスに対する取り組みについて★

塾内では座席の配置などに十分配慮したうえで、定期的な換気、授業ごとに室内の消毒、また個別担当講師はフェイスシールドを着用し授業を行っております。

 

なお、通塾の際には感染予防のため全員マスク着用と入口での消毒液噴霧をお願いしております。

 

入塾に関するお申し込み・お問い合わせはこちらから

ご希望の校舎の欄に「結城校」を入力してください。

①検定・模試の予定

***2021年度検定のお知らせ***

検定日 申込締切日
第2回 英語検定 終了しました。  終了しました。
第2回 漢字検定 10月23日(  9月22日(水)
第2回 数学検定 11月13日( 10月 5日(火)

※英語検定の時間割

準2級  午後5時集合 ~ 7時10分終了

 3級  午後2時集合 ~ 3時50分終了

 4級  午後4時集合 ~ 5時35分終了

 

***中3生の模試***

試験日 申込締切日
茨城統一テスト 11月 7日( 10月 20日(水)
下野模試 11月 7日( 10月 15日(金)

・茨統統一テスト:午後12時45分集合 1時開始~6時終了

・下野新聞模擬テスト:午前11時半集合 11時40分開始~4時30分終了

 

***小6生の模試***

試験日 申込締切日
公中検模試 11月 20日(  11月 5日(金)

・午後2時45分集合 3時開始~4時45分終了

②2021年度 結城校時間割

☆中3 入試対策講座 土曜ゼミ,日曜ゼミ☆

去年から今年にかけては、休校や短縮授業が相次ぎ、勉強のペースも狂いがち

だったのではないでしょうか。

また、今年は新課程になって最初の入試なので、どのような出題傾向になるのか予想が難しい状況です。

しかし、どんな傾向になろうとも重要なのは確かな知識や解法です。

そして、それらを身に着けるための反復練習です。

 

何事もまずは十分な理解、次に反復練習による定着、そしてそれらの応用へと発展していきます。

土曜ゼミではこの3段階を踏まえ、1人では勉強しにくい分野を徹底して練習していきます。

 

例えば、数学では関数、図形。英語では英作文、長文、書き換え。

国語のテーマ作文、理科では、電気、運動、化学変化、地震の計算などなど、

なかなか得点しにくい分野ですね。これらの得点力は合否を大きく左右します。

 

土曜ゼミでこれらの力を培い、しっかり身に着けていきましょう。

わからなければ何度でも教えます。まずは、ぜひ一度体験してください。

 

着実な IN PUT!! ☆問題演習の土曜ゼミ☆

単元,分野ごとのパターン練習で解き方、考え方を習得。

 

【授業日程】

・10月分:10/2、10/16、10/30 ・11月分:11/6、11/13、11/20

・12月分:11/27、12/11、12/18 (すべて午後2時~6時)

※1月~2月の日程はお問合せください。

 

怒涛の OUT PUT!! ☆総合力の日曜ゼミ 11月開講☆

5科目テスト形式で実施。時間内でどれだけ解答できるかを試し、その直後に解説。毎回詳しい成績表を出力し、自分の弱点を把握。

 

【授業日程】

・11月分:11/21、11/28 ・12月分:12/12、1/16

※1月~2月の日程はお問合せください。

 

開倫塾結城校0296-32-9941

(受付午後3時~10時。木曜,日曜休校日)

 

③【県立高校】【県立中等学校】合格実績・【定期テスト】実績

④【KAIRINブロードバンド予備校】

⑤【塾生の声】

☆塾のお知らせメール配信について☆

最近、塾からお知らせメールが届かなくなったというお問合せを2、3件頂いております。

そのため、休講のお知らせが届いておらず、塾に来てしまったという例がありました。

 

送信側で設定や技術的な変更はしておりません。

お手元の端末で、着信許可になっているのにメールが届かない場合には、

一旦登録を解除後、再登録をしていただくしか方法がないようです。

大変お手数ですが、よろしくお願い申し上げます。

 

なお、こちらのHPにも同様のお知らせを随時掲載しておきますので

閲覧していただければと存じます。

 

また、毎月1日の正午に、配信テストを行うように致しますので

受信状況をお確かめください。

よろしくお願い致します。

前のページへ戻る
資料請求ボタン