中3生対象入試対策ゼミ

中3生対象 入試対策ゼミ

入試対策ゼミ

第一志望高校に絶対に合格したい中3生へ

短期間で驚異的に学力をアップさせ 第1志望校に合格するためのスキルを確実に身につける講座です。

入試について、こんな勘違いをしていませんか?

 

 

日本全国、すべての都道府県で「公立高校」の入試の出題範囲は、「中学校3年間の教科書」です・・・。

そう聞くと多くの方は

「じゃあ、教科書の内容をしっかり勉強しておけば、公立高校入試では100点が取れる!」

と、思うのではないでしょうか?当然です。

 

 

しかし、下の問題を見てください。

 

学校の教科書をしっかりと勉強した人の大多数は、この問題が解けるのでしょうか?

実際の入試では、この問題を解くのにあなたに与えられる時間は5分~10分です。

実際、何年生の教科書のどの単元を復習すればこのような問題が「短時間でに正確に」正解できるようになるのでしょうか?

 

 

入試問題の仕組みとは・・・

 

実際の公立高校の入試問題では、

「基礎基本を確認するための問題」

「標準的な教科書レベルの文章題・応用問題」

「教科書のレベルを超えた発展問題・いろいろな単元の複合問題」

というような、3つの種類の問題が出題されます。(①②③の点数の割合は都道府県によって異なります。)

もちろん、第1問第2問・・・と、問題が進むにつれて、①→②→③と、レベルも上がってきます。

の問題は、「学校の教科書の内容をしっかりと身につけておくこと」「ミスをしないこと」の2つがしっかりとできていればほぼ100%正解できます。

(この時点で入試問題の6割~7割は正解となります。偏差値に換算すれば55~60のラインです。)

 

 

しかし、現実的には・・・・悲しいことですが、

 

 

この「ミスをしないこと」という項目が全くと言っていいほどできておりません。

実際の入試において、信じられないようなミスをして涙をのんでいる受験生が毎年たくさんいます。

「自己採点では390点だったのに・・・・」「家に帰って落ち着いてやり直したらできた・・・」

高校入試終了後に、このような声を聞くたびに「もっとやらせておけば・・」と、無力さを痛感してしまいます。

 

 

入試や模試で点数が伸びない理由とは?

 

 

中間テストや期末テストでは、高得点が取れるのに模擬テストになるとなかなか点数が伸びない・・・

という声をよく聞きます。

「模試の範囲は定期テストよりも広いので、短期間で高得点というのは難しいのでは・・・?」

と、思われたかもしれません。

しかし、考えてみてください。

最も範囲が広いのは「入試」です。

中学校3年間の全範囲ですから・・・・。

「範囲が広くなると、点数が伸びなくなる。」というのは、単純に「昔のことを忘れている」

または、「そもそも覚えていない」=インプットしていない!ということです。

実はそれだけではありません!

学校の定期テストと、模試や入試の問題は、出題形式が圧倒的に違うのです。

下の問題を見てください

外国人の友達からもらったメールに対して、あなたの意見とその理由を30~50の単語を使って書くという問題です。

もちろん、普段から英語で手紙やメールを書いている方なら、こんな問題1~2分で即終了ですが、一体そのような受験生は何人いるのでしょうか?

 

 

入試で高得点を取るために本当に必要なこととは・・

 

 

入試問題を解くには、基礎基本の習得はもちろん必要です。

しかし、それだけではどんなに頑張っても6割~7割までが限界なのです。

そこから先の世界に突入するには、また、ミスをしないで確実に得点するには?

実際に入試問題を解くための訓練=アウトプットの訓練が必要不可欠なのです!

部活動にたとえてみましょう。

英単語や英熟語、数学の公式や理科社会の重要語句を書いて覚えるのは、基礎体力作りです。走り込みや素振りのようなものですね。

頑張って教科書をまとめたり、問題集をやってまちがえた問題についてやり直したりする作業が普段の部活動の練習です。そして、実際の入試問題の過去問などを解くのが練習試合です。

練習試合を繰り返すことで、実際の試合のペースをつかんだり、実践での勘を養ったり・・・本番でつまらないミスをしないように自分を振り返ることができます。

入試で高得点を取るには、これらすべてのプロセスが必要になってきます。私たちは、これらのインプット+アウトプットのプロセスを土日にすべて詰め込みました!

土ゼミ ~確実なインプット~

中1~中3のすべての範囲における最重要項目の復習と応用問題演習で入試問題の解き方をインプット!

【国語】

確実に100%得点できる「漢字」配点が高い「作文」で満点を取る!

【社会】

覚えてれば必ず得点になる「重要語句」確認、配点が高い「記述式」「資料読み取り」問題を確実に解答し、高得点を取る!

このような問題です。

【理科】

覚えていれば必ず得点になる「重要語句」確認、やり方さえわかっていれば絶対に高得点がとれる計算問題

化学変化の質量の計算問題

電流・電圧・抵抗・電力の計算問題

仕事・エネルギーの計算問題

震源距離・初期微動継続時間の計算問題

飽和水蒸気量・湿度の計算問題

太陽の南中高度の計算問題

数学に比べ、計算自体はかなり簡単なのですが、「式が作れない」「やり方がわからない」ため、得点を落としている受験生がたくさんいます。

【英語】

近年、問題数・単語数がかなり多くなった「長文読解問題」を完全攻略。

なかなか自分1人では対策が難しい「リスニング問題」を毎週対策します。

【数学】

多くの受験生を泣かせてきた「関数問題」を基礎の復習から応用問題の解き方まで一気に攻略!

配点が高いのになかなか得点できない「証明問題」を徹底的に訓練します。

トップ高校合格のためには絶対に避けて通れない、「関数図形複合問題」「発展問題」の解き方、考え方をわかりやすく伝授します!

日ゼミ ~アウトプットの特訓~

「わかっていること」と、

「正しく解答できる」ことは別!

制限時間内に確実に解答用紙を埋める!

 

 

下の解答用紙を見てください。

昨年の群馬県立高校入試の理科の解答用紙です。

定期テストとは全く雰囲気が違うのがわかります。

また、細かく見てみると「グラフを描く」「図を描く」「回路図を描く」「記述で答える」というように、もはや、暗記だけではどうにもならない状況です。

「日ゼミ」では、

あなたの受験する公立高校入試の出題傾向に完全に合わせた「予想問題」によるテスト&ゼミを実施します。

限られた時間内に、効率よく問題をこなし、確実に配点通りの点数を取るには、多くの訓練が必要です。

開倫塾では、11月から毎月2回、日曜日を使ってこの訓練を実施します。

東京都・栃木県・群馬県・茨城県の、それぞれの都県の入試問題の出題傾向・形式に合わせてテスト+解説授業をおこないます。

 

毎回「偏差値」と「単元別弱点表示」を入れた「個人成績表」があなたに渡されます。

 

 

毎回のテストゼミのたびに、あなたの「偏差値」の推移や、「どの単元が弱いのか」が一目でわかります。

2週間後の次のテストまでにその分野をマスターする、というサイクルを4ヶ月間続けることによって、万全の状態で本番の公立高校入試に臨むことができます。

受験生にとって、学校が休みになる土曜日と日曜日はこれまでの内容の復習や、入試問題を解く練習、苦手分野の復習をするための貴重な時間です。

開倫塾の「入試対策ゼミ」では、この貴重な土曜日・日曜日を最大限有効に、あなたの学力アップに結び付ける時間にします。

「受験勉強がなかなかはかどらない」

「何をしていいかわからない」

「どこから始めればいいのかがわからない」

など、受験勉強に不安を抱えている中3生・保護者様は、私たちの「入試対策ゼミ」にぜひ参加してください。

 

 

「塾が初めてで不安」

「どんな雰囲気で、どんな授業なのか、様子が知りたい」

という方は、無料体験ができます。

下のボタンよりお申込みください。

前のページへ戻る
資料請求ボタン